診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 看護部:病棟・外来の紹介

看護部

看護部

病棟・外来の紹介

当院は5つの病棟、外来、地域連携室、通所施設で看護師が勤務しています。それぞれの部門をご紹介します。

病棟の特徴と夜勤体制

病棟の特徴と夜勤体制

病棟名 病棟 病床数 夜勤人数 夜勤体制
1−1病棟 精神科急性期病棟 44 2人 輪番日は3人 二交代
1−2病棟 精神療養病棟 54 2人 二交代
2病棟 一般精神科・結核等合併症病棟 50 2人 二交代
3病棟 重症心身障害児(者)病棟 50 3人(療養介助員1人) 二交代
4病棟 重症心身障害児(者)病棟 50 3人(療養介助員1人) 二交代
5病棟 医療観察法病棟 35 5人 二交代
合計 283

1−1病棟

1−1病棟

1−1病棟写真

1-1病棟は、精神科急性期治療病棟として奈良県下の精神科救急医療システムの救急輪番において、応急入院や措置入院・移送をはじめ、精神科救急患者の受け入れを行っています。疾患は、統合失調症が3割、その他認知症や感情障害(気分障害)や薬物依存の方がご入院されています。

看護は、社会生活支援活動として心理教育SST(社会生活技能訓練)、服薬自己管理などを計画的に実施し、患者の生活技能の拡大に努めています。また、入院時より退院を見据えた他職種との連携・調整をすすめ、退院前訪問や訪問看護に参加する等地域移行支援を行っています。

1−2病棟

1−2病棟

1−2病棟写真

1-2病棟は精神療養病棟です。急性期の精神症状が落ち着き、その後も入院加療が必要な方の生活援助を行っています。閉鎖的な空間での長期の入院生活は生活リズムが単調となり、施設症になりやすくなります。季節を感じられるような病棟内レクリエーション活動や院内散歩を行っています。また疾患を持ちながら地域に生活の場を移行できるように精神保健福祉士など多職種と連携を図りながら地域移行を進めています。患者さまのご自宅や施設を病棟看護師が訪問し、より良い状態で地域に生活の拠点を移行できるように退院前訪問を行っています。

2病棟

2病棟

2病棟は、認知症、精神慢性期、精神結核合併の混合病棟です。認知症では、BPSDが著しく在宅や施設での生活が困難な方を多く受け入れています。認知症、精神慢性期ともに病状に応じた薬物療法、精神療法、作業療法を行っており、特に季節感が感じられるよう、飾り付けを患者と共に行っています。出来る限り、その人の今までの、自分史、生活史、を大事にした関わりを持っています。

精神慢性期では、長期入院患者が多く病状は安定していますが、退院困難な状況が続いています。地域連携室と連携を図り、退院調整カンファレンスを定期的に実施しながら退院促進を図っています。

また精神結核合併は近畿圏内で唯一精神疾患を伴った結核合併症の入院施設で、近畿一円から患者を受け入れています。

3病棟

3病棟

3病棟写真

3病棟はてんかん、自閉症、重度知的障害等様々な障害を併せ持つ患者さまが入院している動く重症心身障害児(者)病棟です。患者さまは、一人一人に強いこだわり行動がみられることがあります。また環境への適応が難しく、自分の意志を表現することが苦手で人との関わりも苦手なため、自傷、他害、器物破損等の強度行動障害を伴うことが多くみられます。私たちは、一人一人の患者さまの行動の心理的な理由を解明するために応用行動分析(ABC分析)を取り入れ、患者さまの示す背景、行動要因を考察することで、望ましい行動を起こしやすい環境づくりや人間関係づくりを目指し、看護支援を行っています。

4病棟

4病棟

4病棟写真

4病棟では、重度知的障害の方が多く、中でも病棟全体の約44%の方がてんかんを合併されています。主なケアは日常生活援助ですが、てんかん発作の看護やその方の発達障害に応じた看護にも力を入れています。

重度知的障害の患者さんにとって、毎日同じリズムで生活することは患者さんの安心につながり大切なことですが、単調な毎日になり、様々な経験・体験をする機会が少なくなっていきます。発達障害の患者さんの発達を少しずつ促すためにも、児童指導員や保育士と共に季節の行事や音楽、プールなどの「療育」を行っています。また、身体機能の維持・向上のため、作業療法士を中心として障害者リハビリも行い、1人の患者さんを様々な職種がチームを組んで全力でサポートしています。

5病棟

5病棟

5病棟は、医療観察法病棟であり「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」(医療観察法)に基づき、心神喪失または心神耗弱の状態で、重大な他害行為を行った人に対して適切な医療を提供し社会復帰を促進することを目的としています。1人の対象者に対し、医師・看護師・心理療法士・作業療法士・精神保健福祉士の5職種が多職種チーム(MDT)を組み、社会復帰に向けて治療にあたっています。看護師はそのチームの中で、対象者に対して疾病教育や服薬指導、日常生活スキル獲得に向けた支援を行うとともに、暴力に対しては包括暴力防止プログラム(CVPPP)を用いた対処など専門性の高い看護を実践しています。

外来

外来

主に統合失調症・気分感情障害・神経症・認知症等の精神疾患の診療を行っています。一般外来診察の他に、障がい者福祉施設等や特別養護老人ホーム・老健施設の「施設向け外来」を実施。セカンドオピニオン外来、「もの忘れ外来」も開設しています。昨年8月に更新した最新型のMRI装置によりVSRAD検査は近隣の医療施設の紹介を受けて実施しています。外来看護師として、11の職種と連携・調整を図り、患者さまに適切な医療・看護が提供できるように努めています。

外来部門医療スタッフイラスト

精神科訪問看護

精神科訪問看護

地域医療連携室では、精神障害者の方が退院したあとも安定した地域生活を継続できるように、看護師、精神保健福祉士、作業療法士等の多職種が協働して精神科訪問看護を実施しています。患者さん自身が症状を自己でコントロールし、地域での人間関係を構築できるよう、症状や服薬確認、日常生活の不安や困難を傾聴し助言すること、社会資源の調整を行っています。「日常生活の不安が軽減した」「作業所に通うことができるようになった」と喜びの声を頂き、やりがいを感じています。

重症心身障害児(者)通所事業 ほほえみ

重症心身障害児(者)通所事業 ほほえみ

「通園ほほえみ」は、地域で生活している知的障害や発達障害、強度行動障害を持つ方の通所施設(日中活動の場)です。18歳以上の方の障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス(生活介護)、18歳未満の方は放課後等デイサービス(長期休暇中等の通園)として実施しています。児童指導員、保育士、看護師と共に、個々の成長発達に合わせて、運動、創作、音楽などの療育活動を行っています。看護師は、健康状態の把握や異常の早期発見に努め、元気で楽しく活動できるよう支援しています。

ページの先頭へ