診療科・部門

HOME > 診療科・部門 > 薬剤科

薬剤科

調剤業務

調剤業務写真

患者さんの病状にあわせた医師からの処方せんを、薬剤師が内容(薬の量、飲み方など)確認し、安心してお飲みいただけるよう細心の注意をはらい、調製しております。 また、錠剤・カプセルの調剤については一包化し、薬の名前・飲み方・日付などを印字し、飲み忘れ、飲み間違いがないようにしています。

医薬品管理業務

医薬品管理業務写真

薬の発注、受け入れ、保管、払い出しなどを行う業務です。薬にも、使用期限やそれぞれに適した保管の条件(温度、遮光など)があり、期限の確認やそれぞれに適した環境での保管に注意を払っています。

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務写真

薬の有効性・安全性などいろいろな情報が、国や製薬会社などから日々提供されています。これらの情報を収集、整理、保管し、患者さんや医師・看護師などの医療スタッフに提供しています。

薬剤管理指導業務

患者さんのベッドサイドで、薬の作用・副作用・飲み方などを説明し、疑問や不安をなくし、安心して薬をお飲みいただけるよう努めています。

治験管理業務

治験管理業務写真

いろいろな物質の中から、病気に効果があり、人に使用しても安全と思われる「くすりの候補」が選ばれ、健康な人や患者さんの協力により、人での効果や安全性を調べ「くすり」となります。 「くすりの候補」を用いて国の承認を得るために行う試験を「治験」といいます。 治験が円滑に進むように、治験実施に関する事務、製薬会社などの治験依頼者との対応、治験薬の受け入れ・保管管理、患者さんへの服薬指導などの業務を行っています。

薬学生実習の受け入れ

薬学性実習写真

薬学部が6年制になり、病院と院外薬局で実習しなければ国家試験を受験できなくなりました。当院でも実習生を受け入れ、カリキュラムに基づいて指導を行っています。当薬剤科の薬剤師3名は、すべて指導教育ができる認定実務実習指導薬剤師です。

チーム医療への参画

医師・看護師・栄養士などいろいろな職種の職員とともに、チームを組んで患者さんが、もっとも適切な医療を受けていただけるようにしています。 感染制御チーム(ICT)、褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム(NST)

院外処方せんの発行について

当院では、外来患者さんには、原則「院外処方せん」を発行いたします。

「院外処方せん」の調剤は、どこの院外薬局でもできますが、「かかりつけ薬局」を決めていただきますと、複数の医療機関からの「院外処方せん」について、薬の重複、飲み合わせ、副作用等の確認がなされ、安心して薬をお飲みいただけます。

ページの先頭へ